• 貴女のパフォーマンスを最大限に引き出す!リフレサロン杉並区永福町

集中力を上げてフロー状態に入るには

お越しいただきありがとうございます。

zoom講座中のできごと

【自分の集中力を上げ、生産効率を高める方法】という、
いかにフロー状態に入るかっていう
zoom講座に参加していたんですが…

集中力を試されましたね…彼女に。

以下、講座メモです。

フロー状態の脳波は
アルファ波(リラックス)とシータ波(無意識で刺激処理する)
が同時に出ているそう。

同時に2波が出た状態でガンマ波(閃き)も出る。

フロー状態は処理できる情報量が桁外れに増える。

富や名声がなくても幸せを感じられる時間を調査したら、
多くの人が「流れるような時間」と
表現したことからフローという言葉が
使われるようになった。

通常、われわれの行動は
物事に反応→分析→行動→落ち着く
という流れ。

フロー状態になると
落ち着いて反応→ひらめく!
という流れだそう。

最初から落ち着いていて、分析してない!

8時間仕事をした時に平均して30分の
フロー時間があるそう。

え、少なくない?
8時間全部フロー状態にしたいー!
っていうのは無理なお話し。

トイレに行ったり、ご飯を食べたり、
流れを中断するどうしても必要な行動があるから。

ただ、フロー状態を1時間増やすだけで
生産性は2倍以上、4倍以上になるという研究結果もあるそう。

ということで、フロー状態に入るコツは何か。

たくさんあるらしいのですが今回は3点紹介されました。

①意図を持つ
今日はなぜこの仕事をするのか、
どんな意味があるのかを考え、明確に意図する

②流れを決める。
これからやることの流れをイメージする。
付箋、スマホメモなどなんでもいいのだが、
流れを視覚化、映像化できるほどにするのが大事。

③リラックスする。
自分は何でリラックスするか?考えてその行動を取る。

音楽聴く、猫の動画を見る、
温かく甘いココアを飲むとか。

その人の中の緊張を取り除くだけで、
その人の創造性、賢さが解き放たれる、
という言葉があるそうです。

で、毎回①②③を行ってから仕事に入る

いきなり仕事に着手しないことが大事だそうです。

紹介された本の1つがコレ↓「仕事はうかつに始めるな」

手配したので手元に届き次第、読んでみます。

今回の講座はなんと無料でした。

TOKYO創業ステーションの主催です。

起業に興味がある方から、具体的に起業の準備を進めたい方まで、都内で起業を目指すみなさんを応援します。起業・創業に関する相談窓口やイベント・セミナーなど、数…

TOKYO創業ステーションHPより

ご興味ある方は登録してみてくださいね。おすすめ!

最後までありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial