• 貴女のパフォーマンスを最大限に引き出す!リフレサロン杉並区永福町

サロンで赤色を使う理由

お越しいただきありがとうございます。

湯たんぽ2つの上に今治タオルと赤のブランケットを使っていますが、

意識して赤色を使っています。

赤はソレンセン式陰陽五行では腎・膀胱経の色。

経絡は気血水の流れのみち。エネルギーの通り道と思っていただくと良いかも。

腎経・膀胱経の経絡は冬に弱まりやすい特徴があります。

また精力・気力とも関係深い経絡でもあります。

トイレが近い、骨や歯や爪が弱い、白髪や抜け毛が増えた、むくみなども弱まりの症状です。

ということで、冬に敢えて赤を使うようにしています。色彩療法の一種です。

施術の後押しに赤色。

フェイシャルリフレクソロジー的には目の下は腎臓。おでこは膀胱の反射区。

生殖器系とも関わり深く、妊娠・出産でも負荷がかかるので、

特に産後に目の下が真っ黒になっている方が時々いらっしゃいますが、身体に負荷がかかっているなとよく分かります。

なんだか今日はこの色が気になるなというときは

自分が弱いところを補うような色が好きなことが多いです。

東洋医学では腎・膀胱経は赤ではなく黒ですので、黒も味方になります。

陰陽五行説的に説明できる色は緑、オレンジ・ピンク、黄色、青・白、赤・黒色です。

それぞれに特徴がありますので、追ってご紹介したいと思います。

とにかく好きな色にはわけがある!

最後までありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial