• 美と健康を徹底追及するサロン、杉並区永福町

「どうしたらそういう子になりますか?」が最初でした

お越しいただきありがとうございます。

ママと赤ちゃんのためのフェイシャルリフレクソロジー

約6年前、子供の習い事で知り合ったママに
「どうしたら〇〇ちゃん(=うちの子)みたいな子になるんですか?」
「妊娠中にやってたことありますか?」

と聞かれたことがありました。

客観的にみてもうちの子は
年齢の割に活舌がよく、文章も分かりやすくしゃべる、運動神経もよかったのでそういう質問がきたわけなのですが、

妊娠中、安定期以降にやっていたのは、
今私が施術をしている「フェイシャルリフレクソロジー」を受けることでした。

妊娠中、全身のアロマトリートメントを施術していて、お腹が大きくなって施術しづらい、お客様はフェイシャルトリートメントの結果をすごく喜ぶ、という事実にぶち当たっていたので、顔の施術はとても魅力的でした。

妊娠初期からOKと言われてもなんだか不安もあり、妊娠6ヶ月で初めて上の子も連れて受けに行ったことを覚えています。

子どもも同じように受けられるので、子どもはショートセッションを受けさせてもらい、母子ですっごく幸福感・穏やかな心身に変わったことが今でも忘れられません。

洋服を脱がなくてもいい
=ラク!そして上の子がぐずってもすぐ対応できる!

顔から全身に働きかけられる
=全身触れなくてもいい!お腹が大きくても施術できる!

ということで、受けるだけではなく、出産までに受講を終えられるコースを見つけて受講したのがソレンセン式神経反射療法士としての始まりでした。

結局、1日8時間の講習を月1,2回ペースで受け、37週で出産。
陣痛から30分と超スピード&ラクな出産でしたが、出産が早まったせいで最終講義が受けられず、翌年に再受講。

再受講時は昼休憩時に家族に赤ちゃんを連れてきてもらってトイレで授乳…。
(今となってはいい思い出ですが…)

ママの心身を整えることがお腹の赤ちゃんの健やかな成長にすっごく大切なんです。ってことは身をもって感じました。

ということで、話を戻しますと、
私に質問してくれたママは第3子妊娠と同時にフェイシャルリフレクソロジーを受け始めてくれました。

私よりもずっと早い妊娠13週から。
信じて受けて下さって、本当に感謝。

最初はよだれづわりでツバをコップに吐きながらの施術、
2回目で施術中90分はツバが出なくなり、
その後はいろいろ不調が現れつつもその都度対処。

だいたい月1回ペースで臨月まで受けていただきました。

鍼灸や整体なども受けながら「輝美さんのフェイシャルが一番効く気がします!」とおっしゃってくださり、

施術の翌日に「鍼灸の先生に「今どき珍しい、頭の柔らかい妊婦さん!」と身体をほめられました♪」とご感想をいただいたりしながら、ご出産となりました。

妊娠中にフェイシャルリフレクソロジーを受けていた子を
「ソレンセン式Baby」と我々ソレンセン式セラピストは呼ぶのですが、

今回のお子さんも上の二人の子とは違う系統の子になっているそうです。
(運動神経が全然違うー!その他いろいろ:※個人的ご感想です)

ママがローズ好きだったのでローズのオイルを施術に使っていたのですが、
あるときバラの咲いている場所を通った時に「懐かしい香りがする♡」とその子がつぶやいたそうです。ママと一緒にビックリしました。

そんなこんなで、ソレンセン式を学び実践し続けて10年になりました。

風邪や発熱への対処とか、本当に一人の親としてすっごく重宝しています。

セルフケアはいろいろあります。
ご興味ある方はぜひサロンで質問攻めにしてください!
出し惜しみなくお答えします。

妊娠中は妊娠月数ごとに施術内容を変えていきます。
例えば妊娠8ヶ月の時はママの大腸を重点的に施術します。
それがお腹の赤ちゃんの健やかな成長に役立つからです。

妊娠中は
妊娠月数ごとに月1~2回の施術頻度がおすすめです。

かかりつけ医の承諾があれば妊娠初期から受けていただけます。
(助産院では先生の許可の元、妊娠9週から行ったことがあります。その方はつわりが1回でおさまりました。)

気になることがあればお気軽にお問い合わせください。

最後までありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です