• 貴女のパフォーマンスを最大限に引き出す!リフレサロン、杉並区永福町

お肌の勉強。その化粧品どこまで浸透してる?

お越しいただきありがとうございます。

今日は炭酸化粧品フロムシーオーツー取り扱い代理店グループでお肌の勉強会に参加しました。

お肌のこと、ご存知ですか?

皮膚は体重の約8%を占める、最も大きな臓器です。
そう、臓器の一つなのです。

分泌と排泄機能、外から体内を守るバリア機能を持つ排泄器官です。

表皮、真皮、皮下組織の3層からなります。(イラストの真皮の下が皮下組織)

正常なターンオーバーは28日は聞いたことがありますか。

基底層で作られた細胞が顆粒層まで上がるまでに14日、
角質層となって垢になって剥がれ落ちるまでに14日となっています。

でもこのターンオーバー、
40代で60日、60代で100日という説もあり、
加齢や外部刺激(紫外線・摩擦)、食生活の影響でどんどん遅くなってきます。

サイクルが乱れると…角質層が厚くなります。
→これを「角質肥厚(かくしつひこう)」といい、

乾燥、毛穴トラブル、ニキビ、シミなどの原因になってきます。

例えば、メラニンを含んだ角質がはがれないとシミとして残るわけ。

それではしっかりお手入れしよう!と頑張るのはいいのですが、

基本的に化粧品は「角質層」までしか届きません!

え?角質層って剥がれ落ちる層よね。
中まで入らないの?!って話になるんですが、
基本的に入りません。

お肌にはバリア機能があり、角質層が乱れるとイラストのように肌の水分が蒸発しやすくなったり、本来肌に入らないようバリアしたい物質を通してしまったりします。

ちなみに分子量500以下のものしか経皮吸収されないと言われています。
炭素=12、酸素=16とか覚えてますか。化学です。

例えばアロマ精油は500以下のものが多いので、経皮吸収されやすいです。
ただ500以下のものは揮発しやすいので、アロマトリートメントではキャリアオイル(ホホバオイルなど)に入れて使うことで揮発を防ぎ、より吸収されやすくします。

ステロイドは300~520ですが、
コラーゲンは1000~10000、ヒアルロン酸は100万…

ということはコラーゲン、ヒアルロン酸は角質層までしか届かないわけです。

肌の一番上の角質層は0.02mm、ラップ2枚分ほど。

でも今は「ナノ化」という技術で分子を小さくして、経皮吸収されるよう作られたものもあるので、どこまで浸透するものなのかは商品の説明をよくご確認くださいね。

あくまで肌はバリア機能をもつわけで、そのバリア機能を通す化粧品を塗るか、塗らないかは各自のライフスタイルでご判断いただきたいところ。

ちなみに炭酸化粧品に含まれる二酸化炭素はCO2=44。
真皮にある血管まで入ります。

二酸化炭素が入ると血行が促進され、
各細胞に栄養と酸素がしっかり届くので
新陳代謝が高まり、肌が育っていくわけです。

お肌がもつ力を取り戻したい、育てたい方にはフロムシーオーツーの炭酸化粧品は超おすすめです!

肌って皮脂を出して潤うことはできますが、自分で汚れを落とすことはできません。

なので洗顔はとても大切です。

ということで、フロムシーオーツーでは
オイル、クリーム、美容液は1種類ずつですが、
洗顔料はお肌の状態に合わせられるよう5種類あります!

朝と夜で使い分けたり、複数持っているとなお◎です。

何が合っているのかご案内しますので、お気軽にお問い合わせくださいね。

最後までありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です