• 貴女のパフォーマンスを最大限に引き出す!リフレサロン杉並区永福町

美しくいたい人もイライラする人も冷えている人も温活を

お越しいただきありがとうございます。

昨年末に施術を担当している
ファン助産院の院長先生の
美と健康の秘訣の1つは
ご愛用の湯たんぽだと確信してから
Amazonで湯たんぽを購入・使い始めました。

美と健康の秘訣な湯たんぽ

1つはこれ。先生と同じもの。
ガスコンロで直火OKのもの。
ふかふかのカバー付き。

サイズがいろいろあるので注意。
2.5Lくらいがちょうどよいようです。

2,3日1回、水を取り替えれば
中はさびないとのことで
数日は中身そのまま使っています。

蓋を開けて沸騰させて、
ふたを閉めてカバーに入れてお布団へ。
朝まで全然あたたかです。

足が冷たくて寝られないという方には
特におすすめ。

低温やけどにだけ注意。

直火もいいけど
もっと軽くて安いのもある。
こちらも買ってみました。

湯沸かしポット約1Lで湯を沸かし、
そのお湯を入れて使っています。

軽い!
形がいい感じに変形するので
お腹に乗せたり 腿にのせたり
踵を載せてもいい感じです。

直火の方は大きくて硬いので
存在感ありありで
もしかしたら布団の中で
どこに置くか迷うかも?

はりねずみくんの方が
扱いやすいと感じる方が多いかもです。

人は身体が温まると心も温かくなる

ということがアメリカの
行動経済学者の実験で分かっています。

ちなみに実験内容の一部を紹介すると

実験参加者が移動する際のエレベーター内で
ホットコーヒーまたはアイスコーヒーを
持ってもらいます。

その後に架空の人物の特徴が書かれた
リストを読んでその人物の印象を評価してもらったそう。

するとホットコーヒーを持った人
=手を温めた人は
その人物の印象を親切・寛容と評価し、

さらに実験の謝礼を
「友人へのギフト」または「自分のための品」
どちらかを選んでもらうと
手を温めた人の多くは「友人へのギフト」を
選んだそうです!

そして温めた部位は手であろうと
他の部位であろうと実験結果は同じだったとのこと。

身体が冷えるということは
生命の危険につながり、
ネガティブな感情と結びつきやすい。
と考えられます。

温めるって大事。です。

サロンの施術で湯たんぽ攻めしてます

年末に湯たんぽをゲットして以来、
ぬか袋で温めてきたお腹や足を
湯たんぽ2個で温める作戦に変えました。

施術時の触り方もより快適な方法へと
少々変えたこともあると思うのですが、
湯たんぽ利用は好評です。

いつもは足が冷たくなる方も足先まで温かい。

ハーブテントに入り、施術60分を終えた方が
「一晩寝た気がしました(というくらい熟睡した)」
とおっしゃったり…

施術効果への後押し感ははんぱないです。

ぜひサロンでお試しください。

最後までありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial