• 健康も美もどちらも手に入れる!産前産後・妊活もOKのフェイシャルリフレ。杉並区 永福町 世田谷区

最悪に備えて最善をつくす

お越しいただきありがとうございます。

若さあふれる生後3ヶ月半!

半年前に受けたセミナー出てきた言葉が心に残っています。

「最悪に備えて最善をつくす」

遺伝子栄養学のセミナーでした。

元々私も仕事上大事にしている考え方で、
最悪に備えて…というよりは、最善になるべく、調べる、想定する、準備する、整える…という感じで大切にしている言葉です。

セミナーの内容に戻ります。

身体がさびる=酸化・糖化(こげる)することが病気につながる、と聞いたことがある方も多いともいます。

酸化ストレスが増えると体内で抗酸化酵素(=酸化に抗う酵素)が機能しなくなってくる。

自然界に存在する5つのハーブから作られたものを飲むことで、若返り遺伝子にスイッチを入れる。

栄養素をとって補うではなく、老化と共にオフになりつつある遺伝子に再びスイッチを入れる、という考え方が新鮮で、そんなことできるのー?とできたら最高!と思ったのが正直なところです。

2月から5ヶ月、自分自身で試していますが、
睡眠の質がよくなり、朝はスッキリ目覚め、肌の修復が早まりました。

遺伝子、ミトコンドリア、酵素…
英語の論文解説を聞くだけでなく、自分で情報を取りに行きたい。
しっかり読み込みたいので英語を勉強せねば。

大人の勉強は続きます。

遺伝子栄養学、ご興味ある方はサロンでお声がけくださいね。

最後までありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です